産後抜け毛いつからいつまで続くの?

産後抜け毛はいつから

産後抜け毛対策はここでチェック!

産後抜け毛はいつから始まって、いつまで続くのかな?

 

そんな女性の悩みにお答えします。

 

いつから始まるのか?

 

出産後から始まることが多いです。

 

いつまで続くのか?

 

ここは個人によって差があります。

 

抜け毛自体は半年から一年位で収まりますが、そこから生えてくるのに時間がかかります。

 

二年経っても元に戻らない女性も多いです。

 

抜け毛を防止すると同時に育毛対策も必須となるのです。


男性用育毛剤を使っていませんか?

 

女性と男性では抜け毛の原因が違います。
当然、対策も違ってきます。

 

特に産後は女性ホルモンの影響で頭皮環境が変化します。

 

女性専用の育毛剤で産後抜け毛対策を実施しましょう。

 

女性のことを考えて作られた専用育毛剤をピックアップしてランキング化しました。

 

おすすめの女性用育毛剤ランキング

 

エンジェルリリアンプラス

 


エンジェルリリアンプラス

 

開発者自身2度の産後抜け毛経験から生まれた2人目産後女性のための育毛剤で、保湿成分と育毛成分たっぷり配合し、厚生労働省の承認を取得した、薬用育毛剤(医薬部外品)です。
7割の産後女性は産後抜け毛を経験するというデータがあり、女性ホルモンの減少によって頭皮の乾燥が産後抜け毛の回復しにくい原因となります。天然成分無添加、高保湿、低刺激で肌に優しいは商品です。

 

高保湿育毛剤Angel ReLien(エンジェルリリアン)

 

 

 

 

ベルタ育毛剤

 

産後用

 

今までの育毛剤に無かった、無添加ナノ育毛剤を実現しました。
使用感に非常にこだわり、まるで美容液と絶賛されるほど。
56種類の育毛・頭皮ケア成分が99.9%配合されている育毛剤です。

 

女性用育毛剤なら【ベルタ育毛剤】

 

 

 

マイナチュレ

 

マイナチュレ

 

育毛業界の常識を覆す新発想。
毛根に直接働きかける無添加育毛剤です。

 

無添加育毛剤マイナチュレ

 

 

女性の抜け毛の原因は

 

女性でも、抜け毛の心配事を抱えている人は結構多いですよね。

 

いつから始まって、いつまで続くのか?

 

特に、産後は疲労感もたまりやすく、また子供の世話疲れで抜け毛が深刻化するという人も多いです。

 

抜け毛のトラブルは男性だけの困り事ではありません。

 

沢山の女性が薄毛に悩まされています。

 

現代では、若年層の間でも抜け毛の困り事で悩んでいる人が増えていますよね。

 

女性が、抜け毛になってしまう原因としては、大き分けて三つのバリエーションがあります。

 

産後の抜け毛

 

髪と頭皮のホルモンバランスが崩れてしまう、という事にあります。

 

妊娠および出産をすると女性ホルモンは大きくチェンジします。

 

その為、身体の具合を悪くする人も多いですよね、

 

抜け毛も同じです。

 

女性ホルモンの分泌量が変化することで、髪質も大きくチェンジします。

 

その結果、抜け毛になってしまう人もいます。

 

日常生活リズムが崩れ

 

出産すると赤ちゃんの気配りで大変ですよね。

 

日常生活リズムも悪くなりがちです。生活リズムがおかしくなる事も抜け毛を呼び起こします。

 

無理なダイエットをすると、髪に悪い影響がでます。

 

無理なダイエットは体のコンディションを崩し、髪の毛や頭皮にも障害が生じます。

 

そうなってしまうと、髪の毛は順番に抜け落ち、新しく髪の毛が生えるテンポを狂わせてしまうのです。

 

育毛に肝心な事は、髪質やバランスのよさ、そして阻止、最後は生活習慣となっています。

 

この三つがしっかりしていれば、育毛の効果は的確に体感することができます。

 

産後抜け毛を防止するには

 

産後の抜け毛を防止する為には様々な方法があります。

 

参考となる記事をピックアップしましたのでご一読ください。

 

はじめに

 

出産後、しばらくすると増えてくる抜け毛。シャンプーやブラッシングのたびにごっそりと抜ける髪の毛を見て、ギョッとする方もいるのではないでしょうか。ただ安心してください。産後に抜け毛が増えるのはホルモンバランスの関係上、仕方がないことなのです。

 

しかし、とは言っても「できる限り抜け毛を減らしたい!」と思うのは当然のこと。そこで今回は、産後の抜け毛の不安を防ぐための知識をご紹介します。

 

抜け毛が増えるのはいつ?

 

だいたい妊娠後期から産後7?8ヶ月にかけて抜け毛が増えたと感じる女性が多いようです。

 

著者の場合、妊娠中はそれほど抜け毛はありませんでしたが、産後3ヶ月を過ぎた頃から徐々に抜け毛が増え始めました。全体的に髪のボリュームがなくなり、手触りもスカスカに。

 

産後6ヶ月の時、初めて行った美容院で、美容師さんに「もしかして産後ですか?」と聞かれました。プロには、頭皮と髪の状態から産後であることがすぐにわかったようです。

 

 

産後の抜け毛を防ぐには

 

産後の抜け毛はホルモンバランスの変化によって起こりますが、母乳を与えることによる栄養不足、寝不足、ストレスなど複数の要因が重なると、抜け毛が大幅に増える可能性もあります。

 

なぜなら、疲れやストレスによって血行が悪くなり、頭皮に栄養が行き届かなくなるためです。それでは、どんなことに気をつければ抜け毛を防ぐことができるのでしょうか。一つずつ見ていきましょう。

 

1. 食事と睡眠に気をつける

 

まず、母乳をあげている女性は栄養のバランスに気をつけて食事をしましょう。白米と根菜を中心とした和食は、血液の流れを良くする効果があるため母乳の出をよくするためにも効果的です。それに加えて、たんぱく質が豊富な魚や、ミネラルを含む海藻類、女性ホルモンと似たはたらきをする大豆イソフラボンを含む納豆や豆腐を意識して食べるようにすると、抜け毛予防に効果的です。

 

また、赤ちゃんが小さいと夜中にあやしたりしなければならないので、どうしても寝不足になりがちですよね。ですが、赤ちゃんが元気一杯でもお母さんに元気がないと、困ってしまいます。なので、全て自分でやるのではななく、たまには旦那さんやご両親に頼るなどして、休息の時間を作りましょう。

 

赤ちゃんの問題は、お母さん一人の問題ではなく家族皆の問題なので、積極的に外部に頼って自分の睡眠時間も確保するようにしてください。

 

2. ストレスをためない

 

ストレスがたまると血液の流れが悪くなり、頭皮に十分な栄養が届かなくなります。産後はホルモンバランスの乱れからどうしてもイライラしやすくなってしまいますので、自分に合った方法でストレスを解消することを心がけてください。

 

一人の時間を作るのはなかなか難しいでしょうが、時には子どもを旦那さんに見ていてもらい、一人で入浴するだけでも、ストレス解消になります。ゆっくりと湯船に浸かるだけでもとてもリラックスすることができると思いますし、体全体の血流も活発になります。また、休日にマッサージなどに出かけてみるのもいいかもしれません。

 

3. ヘアケア剤を使う

 

最近では、女性用の育毛剤も増えてきました。女性用の育毛剤は、ホルモンに作用するものではなく、自然派の原料を使った、頭皮環境を整える効果のあるものがほとんどです。妊娠中や産後のデリケートな時期でも使えるよう処方してある育毛剤も多くありますので、抜け毛予防に使ってみるのもよいでしょう。

 

妊娠中から育毛剤を使ってケアすることで頭皮の状態がよくなり、産後の抜け毛を減らすことができます。

 

 

おわりに

 

産後の抜け毛は、出産をしたほとんどの女性が経験するもの。どんどん抜けてくる髪の毛を見て不安になるかもしれませんが、ホルモンのバランスが落ち着けば抜け毛は次第に減ってきます。

 

妊娠中や産後は、食事と睡眠、ストレスをためないことにいつも以上に気をつけて過ごすようにしましょう。
出典:これだけは知っておきたい!産後の抜け毛を防ぐためのコツ3選

産後抜け毛には葉酸が効果あり

 

産後抜け毛がひどくなりやすい人は、赤ちゃんを母乳で育てている場合が多くなります。

 

母体の栄養成分が母乳に集中し、授乳により赤ちゃんに栄養を与えるためで、髪の毛の成長を支えるために必要な成分が足りなくなってしまうためです。

 

妊娠と出産を経験すると女性ホルモンの分泌量が増加しますが、黄体ホルモンが増えると髪の毛の成長を促進させて、毛周期に変化があり、一時的に抜けにくくなって髪のボリュームがアップする時期があります。

 

出産を終えると次第にホルモンのバランスも元に戻っていくため、今まで成長していた髪の毛も、生え変わる時期に移行して抜け毛が増えることがあります。

 

抜け毛が増えても健康な髪の毛がまた生えてくればよいのですが、栄養が不足していると細くて十分に成長せずに抜けてしまうような髪の毛ばかり生えてきてしまう事になります。

 

栄養不足や、抜け毛の加速を抑えるために効果が期待できる栄養に葉酸があります。

 

葉酸が体内に入り吸収されると血行を促進する事ができたり、細胞の分裂や増殖にも成分が用いられ、髪の毛の材料を合成する際にも使われますから、葉酸を不足させないようにすれば、産後抜け毛に対してアプローチをすることが出来て、栄養を補い抜けてもまた健康な髪の毛が生えてきやすくなります。

 

髪の毛を構成する栄養素は他にもあるので、食事のバランスも大切です。

 

貧血気味の人は、葉酸だけが不足しているのではなくビタミンB12も補っておく必要があります。

 

一緒に消費される成分も補っておかないと十分に造血されなくなって、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛にも栄養が行き渡りにくくなってしまいますから、葉酸のサポートになる成分も補うと効率的になります。

 

産後抜け毛が気になるからと必要以上に葉酸を取り入れてしまうと、今度は体に悪い影響が出てくることになりますから、適切な量の摂取が望ましく、サプリメントを利用するときには特に目安量を守って続けていくべきです。

男性と女性では抜け毛の原因が違います。

 

違っている抜け毛の原因とプロセス

 

男性と同列で社会の先頭にたって第一線で働く女性が増加してきた現在、男性と同じ要領で抜け毛の苦悩を持っている女性が増加傾向にありますが、その原因と現象は性別の違いで大きく違う方向に行きます。

 

まず男性のケースでは、数多い髪の毛が少ないの原因が男性ホルモンの作用による生来的なもので、生え際や頭頂部を主体として薄毛が進みます。絶対と言っていいほどの確率で親から子へ、孫へ、薄毛に見舞われやすい体質が遺伝しているのです。

 

一方で、女性は自明のことですが男性ホルモンの影響され難く、薄毛になってしまう原因のほとんどの場合は、生活環境のストレスや毛髪に悪影響を与える行き過ぎたヘアケア、ヘアーカラーリングなどのファッション、ダイエット等といった栄養不良を始めとした生活環境と考えられます。

 

現象も男性とは違い、頭頂部を主体として総合的に毛がなくなる事例が多いです。

 

薄毛が発生する原因や体質にマッチした毛が生えてくることや育毛改善案や生活習慣のアシストによって、バラエティに富んだヘアーを正確に回復させることが叶う意味になります。

 

また、女性の薄毛の性質として、若い年齢より中高年の方であればある程良化しやすい割合が高いようです。

 

女性の薄毛対策は日常生活の改革と頭皮ケアから男性の薄毛は、脱毛して薄くなりますが、女性の場合は完全にが抜け落ちるのではなく、髪の毛1本1本が減量し、全体の体積が軽量化するのが特徴。

 

そういう理由で、男性以上に頭部の肌に悪影響を及ぼす原因を排除することが、屈強で強い髪を蘇らせる効果的な方法と言い切れます。

 

頭髪の根元には皮脂腺を持っており、つねに皮脂を産出しています。女性は男性に対比して皮脂量の多くないと思われますが、この皮脂を余剰に残していると毛穴が目詰まりし、髪が伸展にくい環境になると考えられますので、まず頭皮を清潔にしておくことを心がけてはいかがでしょうか。

 

そして、仕事や家の事、育児が影響しているライフスタイルのストレスを克服し、均衡が良い食事を規則的な時間に口にすること。

 

言うまでもなく十分な安眠や散歩などの効果的な運動も効果を発揮します。

 

女性の薄毛に向けてのポイントは、速攻で成果が見受けられなくとも決して音を上げずに、発毛や育毛に期待して良い対策や生活を毎日行なうことが重要となります。

 

そうすれば、年代的に左右されることなく、誰彼関係なく元の豊富な髪が復活する確率が高いです。

 

 

 

使用上の注意

 

お肌に合わないときは、使用をおやめください。
使用中に赤味、はれ、かゆみ、刺激などの異常があらわれた場合、そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがございますので、皮膚科専門医などにご相談されることをおすすめします。
傷、はれもの、湿疹など、異常のある部分にはお使いにならないでください。
目に入ったときは、直ちに洗い流してください。
保管、および取り扱い上の注意
1. 乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
2. 極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。

 

参考:化粧品等の使用上の注意について